toggle

短気は損気‼ 婚活の成功者は感情のコントロールが上手な人‼

 

こんにちは☆

男女共にお相手に求める希望の中で最も多いのは、「優しい人」です。

それとは反対に短気がよいという人はいないと言っていいでしょう。

 

短気な人の特徴は・・・

・お相手を自分の思い通りにしたい

・怒ったら、言いたいことを言わずにいれない。

・キレやすい方 など

 

 

婚活でも短気な人は、お相手と衝突が多いため、結果的に損をしてしまいます。

 

ですので本日は、すぐ怒ったり、キレたりする人必見‼

短気から優しく穏やかな人になるための感情のコントロールの方法をお伝えします。

 

ところで、あなたは一次感情や二次感情という言葉を聞いたことがありますか?

 

このお話には、一次感情と二次感情が重要なポイントになってきます(^^)/

 

 

例えば、あなたとお付き合いをしている異性がいるとします。

その方と13時にデートの待ち合わせをしているとしましょう。

13時15分になっても連絡がなく、あなたは次第に心配になってきます・・・

「相手に何かあったのかもしれない・・・」

「事故に巻き込まれたのかな??」

 

そして13時30分お相手が来ると、「何もなくてよかった」と思う安堵の気持ちと同時に、連絡もなく30分も遅れたことに対して苛立つ気持ちが入り交じり怒ってしまいます。

 

ここでいう一次感情は心配二次感情は、怒りです。

 

そこで30分も遅れたお相手に対してあなたは何と声をかけるか?また、どういう態度をとるか?であなたが短気かそうでないかが分かります。

 

(当然ですが、待ち合わせの時間に連絡もなく遅れるお相手が一番悪いです。しかし、予期せぬ事態が起きた時こそ、人の器が垣間見える瞬間であるという観点でご覧になってみてください)

 

まず、連絡もなく遅れたお相手に対して、二次感情のイライラぶつけては、せっかくのデートが台無しになってしまいます。
これでは、自分の気持ちのみを前面に出しているだけですね・・・

 

しかし、連絡もなく遅れたことに対して、心配したという一次感情をお相手に伝えますと、お相手に対する思いやりと自分の気持ちの両方を伝えることができます。

また、その言葉を言われたお相手の方も、心配させて悪かったという気持ちと今後心配させないように連絡をしようという気持ちが芽生えます。

 

喜怒哀楽の中でも怒りは二次感情になります。

 

一次感情の心配、悲しみ、恐怖、落胆、寂しさ、傷つきなどを相手に伝えるために、怒るのです。

 

しかし、自分がどれだけ怒っても相手にも怒りしか生まれません‼

そしてお相手は反発をしてしまうため、素直になってくれません・・・(..)

 

そこで一度立ち止まり、一次感情は何が怒りに繋がっているか?を考えてみてはいかがでしょうか??

心配? 悲しい? 寂しい?

 

このような一次感情は、怒りや反発を買わないため、感情的になることなく、お相手と話し合うことができます。

素直に一次感情をお相手に伝えることによって、無駄な対立は生まれることなく、物腰の柔らかい優しい人になれるのではないかと思います。

 

時には感情をぶつけ合うことも大切ですが、頻繁な喧嘩は穏やかな家庭とかけ離れていきます。

怒りは二次感情であると知り、一次感情の素直な気持ちを伝えてみてはいかがでしょう。

そうすることで、感情のコントロールができる「穏やかで優しい人」なのではないでしょうか?

是非!お試しくださいね(^^)/

広島 結婚相談所 heureux(ウールー)結婚サポートセンター


2017-06-01 | Posted in blog, information, お付き合いをするあなたへComments Closed